日中ソーシャルメディア同時投稿方法

跨網絡同步發佈至Twitter、Facebook、新浪微博及人人網等國內外微博及社交網站

このAcross-Networks-Microblogging方法の応用で全部に同時投稿できそう。

No Comments

ブルーベリーパイと京東商城(360buy)のgoogle広告

京東商城(360buy)のgoogle広告何気なくネット記事をいろいろ見ていると、ふとアメリカのニュースサイトに中国のECサイト、京東商城(360buy)の広告があるのに気づきました。googleのネットワーク広告ですが、中国にいる日本人の僕が英語サイトを見ていて、京東商城(360buy)のネット広告に出会うことが少し新鮮でした。

サマーキャンペーンのランディングページに飛んで、思わず扇風機でも買ってしまおうと思ったほどです。これからのネット広告はますますグローバルにターゲティングされていくんだなあと思います。

肝心の記事内容も面白かったので、ご紹介。

Earlier this week, a disgruntled Michigan State University student is accused of assaulting U.S. Sen. Carl Levin with an apple pie to the face while at an event in Big Rapids. The classy statesman responded later that actually, blueberry was his favorite pie


ブルーベリーパイが私のフェイバリットだ。ミシガンの市長がイベント中に女子大生からアップルパイを投げられた後のコメントです。なんでもミシガンはブルーベリーの生産地みたいです。

“Sen. Levin’s positions on many issues will be different than mine, but in this case he is 100-percent correct about what kind of pie is the best. He got it right; there’s no pie like a blueberry pie.”

地元有識者によると彼が言ったことは100%正しかったと。笑

どんなときも怒らず最良の対応をできる人間になりたいものです。

Read the rest of this entry »

1 Comment

シンガポールの国際力

たまたま何人かの知り合いからシンガポールの話題を聞くことが重なりました。

シンガポール事務所設立。シンガポール留学。シンガポール広告祭。などなど。

上海と合わせてアジアと世界の中心なんだと思います。

外資企業でインターンをしていた友達の中国人学生が、日本とシンガポールの大学を天秤にかけてシンガポールに決めました。

そして日本人も僕もそれを進めました。きっと彼女のキャリアにとってそっちのほうがいいと思ったからです。

新加坡的大学有3年计划,学习2年,之后的3年为他们工作,我可以去广告公司。这样的话,我学习期间80%的学费可以免除,加上奖学金和打工,就不用依赖家里没能够独立了~

新加坡的大学有3年计划,学习2年,之后的3年为他们工作,我可以去○○公司。这样的话,我学习期间80%的学费可以免除,加上奖学金和打工,就不用依赖家里没能够独立了~

インターンなどをあわせると学費免除がある、という話ですが、日本でこんな制度ないと思います。

きっと優秀な子は同じような選択肢をしていくんだろうなあ。。

人材が集まるところには必ずビジネスが生まれます。

ということで9月はシンガポールに行ってこようと思います。

スパイクス国際映画祭というものに行ってきます。

追伸
ルームメイト探し中。
英語掲示板に掲載したら、1日で問い合わせが15件。
ポーランド人、アメリカ人、台湾人、ドイツ人。
上海も人材が集まっています。

4 Comments

サムソンのキャンペーンページ

http://support-cn.samsung.com/campaign/printer/20100802/PrintActVote/Default.aspx

中国のキャンペーンはがっちりフラッシュで作ると回線速度の問題で動かなかったりしますが、これはいいバランス。

1 Comment

Ogilvyさんの中国ソーシャルメディアレポート








The OgilvyOne Connected Report (English)
View more presentations from Ogilvy & Mather Worldwide.


このレポートによると中国消費者はブランドをフレンドのように見ているとのこと。

確かに中国版ツイッター(微博)の企業アカウントを見ていてもそういった傾向がある。

クライアントさんにソーシャルメディアマーケティング、特に企業の名前で情報発信する提案は少しためらいがあるのだが、それももっと気軽にするべきなのだろうか。僕はぎりぎり80后だけど、中国の90后と話しているとやはり感覚が違うし、中国の80后とも違う気がする。

好奇心が芽生えたときからネットに接している世代とは四六時中ネットサーフィンをしている僕ですら、違和感を覚えるときがある。

开心网,人人网,豆瓣,微博,ここ1年でも中国ソーシャルメディアの動きは激しい。

ブランドは友達、この感覚ついていかねば。

http://www.ogilvy.com/On-Our-Minds/Articles/July-2010-The-OgilvyOne-Connected-Report.aspx

1 Comment